anne number of 「あだ名」に込めた3つの思い

¥Anne number of は、バイヤー歴30周年を記念して?作った「あだ名」!
この「あだ名」に3つの思いを込めていますので、ご紹介します。




1.1 私が着たいもの・・・じゃないと人におススメできない。着た時の自分を想像して、服を面白がる事、そんな楽しい時間や元気も届けたい…、お洋服は、自分の一番外側の中身、自分の強い味方、何かに憧れる自分を思い出すきっかけ❣️「赤毛のアン Anne」を夢中で読んだ時のように。

1.2 積極的「あっためかえし」・・・以前入荷してすぐにsold outになったり、追加できなかったあのお洋服・・・私も欲しい。まったく同じ仕様で、あるいは少しデザインを私の好みにかえて再生産します。せっかく世に出た素敵なお洋服・・・少しでも多くの人に伝えたいし、私も着たい。(2021.03.24追記)





もちろん丁寧に1枚1枚作られた服もいいし、おサイフに優しい服も嬉しい!でも縫製とお値段のバランスは大事❣️生産国…、あんまり関係ないかなぁ〜。でも、生産ロットは少ない方がいい!ほんの少し多めがいいから……過ぎたる尚及ばざるが如し…





「餡は自分でつくらなきゃ」映画「あん」の主人公のセリフ。「Anne…」も、まず自分が着たいと思う服を仕入れ、作り、伝えなきゃ…❣️、私は服を作れないので、ほんの少しのこだわりを「服」にしてくれる生地屋さん、縫製工場さん、メーカーさん!よろしくお願いしま~す!





Language
Japanese
Open drop down